お申し込みはコチラから→未来ケアカレッジホームページ

 

 

お申し込みはコチラから→未来ケアカレッジホームページ

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は、最も取得しやすい介護職のスタートラインとなる資格です。資格取得には、講義と実技を交えた130時間の研修受講と、その後の修了試験に合格することが必要です。
この資格を持つと、介護のプロとして、施設・在宅を問わず、様々な場所で活躍することができます。ここ最近では、将来の家族の介護に備えて資格を取りに来られる方も多いです。

介護職員初任者研修 3つの魅力!

魅力① 介護のプロとして、活躍の場が広がる

写真: 介護職として活躍できる場が広がり、正社員・パートタイマーなど様々な働き方もできます

ニュースでも良く取り上げられるように、世の中での介護職のニーズはますます高まっています。この資格があると、有料老人ホームやデイサービスといった施設や、訪問介護などの在宅と、活躍のフィールドがぐっと広がります。また、ご自分の希望に合わせて、フルタイムの正社員・パートタイマーなど様々な働き方で活躍できるため、仕事と家庭を両立したい方にぴったりです。

魅力② 年齢を問わず、キャリアを積み重ねられる

写真: 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)からケアマネジャーや介護福祉士などの国家資格へステップアップできます

介護の仕事の魅力は、何歳からでもスタートできるということ。この資格をスタートに、介護職経験を積み重ね、ケアマネジャーや介護福祉士などの国家資格にステップアップしている方も多くいらっしゃいます。当社でも、60代、70代でもご活躍いただいているスタッフさんもいらっしゃいます。一生ものの資格をこの機会に取りませんか?

魅力③ 大切な方の笑顔に――ご家庭でも活かせる知識と技術

写真: 介護の知識と技術を持っていれば、大切な家族の介護に直面した時に役立ちます

「大切な家族の介護を考えて、今のうちに」、と資格を取得される方も増えてきています。介護の知識と技術を持っていれば、いざ介護に直面した時でも、あわてることはありません。介護を受ける方・する方の双方が、笑顔でいられるための資格でもあります。