ご利用者が住み慣れたご自宅でその人らしく過ごせるように、健康面を専門家の目で見守り支援する、それが訪問看護です。

看護師、理学療法士、作業療法士が医師の指示のもとにご自宅に伺い、健康チェック、リハビリテーション、介護予防、各種処置などをおこなうほか、各種在宅サービスに関するご相談にもお応えします。

病気、けがなどで寝たきりになる心配のある方、脳卒中の後遺症等でリハビリが必要な方、認知症の方、その他医療処置が必要な方など様々な方にご利用いただいています。

対象となるお客様

  •  要支援・要介護認定を受けている方
  •  主治医に必要と判断された方
  •  年齢を問わず障害のある方

サービス内容

看護師による訪問

療養生活の指導とサポート
  • 健康状態のチェック
  • お体の清潔(清拭・洗髪・シャワー又は入浴介助)
  • 床ずれの予防
  • 排泄介助・排便コントロール等(オムツ交換・浣腸・摘便)
  • 病気やお薬についての説明と相談
  • リハビリテーション
  • ターミナル(終末期)のケア など
医療処置
  • バルンカテーテルの管理
  • 経管栄養の管理(胃ろうチューブ・MGチューブ)
  • 褥瘡処置
  • 傷の処置
  • 吸入・吸引の指導
  • 採血等の検査
  • 軟膏処置
  • 在宅酸素、人工呼吸器等の管理 など

理学療法士・作業療法士による訪問

ご利用者のご自宅において、日常生活の自立を助ける為に、目標と期間を設定して心身機能の維持回復、環境整備を計画的に行うサービスです。
訪問でのリハビリテーションは、ご自宅にある様々な生活用具を実際に活用しながらご利用者の能力を引き出し、目標とする生活動作へとつなげていきます。

  • 健康状態のチェック
  • 機能訓練(関節運動・筋力トレーニングなど)
  • 日常生活動作訓練
  • 福祉用具の選定
  • 住宅改修のアドバイス
  • ご利用者・ご家族への指導(自宅での運動方法・介助方法など) など

1日の流れ(一例です)

ご訪問 はじまりはいつもさわやかな挨拶から。
訪問看護は、年齢を問わずさまざまな疾患の方がその人らしく生活できるようサポートします。
サービス開始 健康状態を観察し、医療処置等をおこないます。ご利用者それぞれの状態に合わせたサービス内容となります。

健康管理
医療サービス
健康相談・助言
リハビリテーション
サービス終了 ケア終了後にはケアを振り返り、不都合がなかったかなどを確認します。

サービスご利用までの流れ

  • 要介護認定を受けている方
  • 要介護認定を受けていない方
  • 担当のケアマネジャーへご相談ください。
     
  • まずはお問い合わせください。要介護認定の手続きからサポートいたします。
  • 訪問看護ステーションと契約
  • 主治医から訪問看護指示書の交付を受ける
  • サービス開始

    ※訪問看護指示書に沿ってサービスを実施します。

急変時の対応

サービス提供中に体調の急変等があった場合、主治医、ご家族にすぐにご連絡し、万全の対応ができるよう体制を整えておりますので、ご安心ください。

職員の声

すべてはご利用者の“安心”のために。お一人おひとりを本当に支えきるとは何かを考え、その方が自分らしい生活を送れるよう、専門職員が可能性を見出し、チームで支えます。