ローズライフ京都
介護職(フロアチーフ)

川瀬 眞由美 

2015年入社 ローズライフ京都勤務

心は通じ合う。その信念を体現した温かな笑顔で、ご入居者もスタッフも包み込む。

ローズライフ京都について - チームワークが良い職場 -

ローズライフ京都に勤務して、もうすぐ4年になります。

ここは、スタッフが同じ目標に向かっているのでチームワークも良く、業務の中で日々研鑽を積むことができます。
介護職、看護職、リハビリ職、ケアマネジャー、生活相談員…プロとして、それぞれの視点から「どうすれば、その方の望む暮らしを実現できるのか」と意見を出し合い、より良いケアにつなげている職場だと思います。

また、かんでんライフサポートは、持ち上げない・抱え上げないノーリフティングケアを進めており、スタッフの腰痛予防対策にも力を入れているので、長く働きたいと思ってくださる職員の方には良い環境だと思います。

私はフロアチーフとして新入スタッフの指導にあたる事も多く、新入スタッフの中にはローズライフ京都を介護職として、最初の職場に選ばれた方もおられます。ご入居者との接し方に戸惑うスタッフには、「もしあなたのお母さんだったらどうする?」と問いかけ、どのように寄り添っていけばよいかを一緒に考えるようにしています。

働く上で心がけていること ― 愛情を持って、その方を深く知る-

ご入居者と一緒にラジオ体操をし、同じ食事を頂いたりしていると、言葉にされない要望を感じ取れるように思います。

やはりご入居者を好きでないと、うまくコミュニケーションが取れません。同じ時間を共に過ごしていくことで、ご入居者の人となりを深く知ることができ、愛情も湧いてきます。人の感情は、不思議と伝わるものですね。そうするとご入居者も私たちに心を開いて、信頼していただけるようになってきます。

心に残るエピソード ― あなたの名前を -

私自身も、他のご入居者やスタッフと距離をおく方の担当になった時がありました。
色々悩みましたが、ありのままの私を見ていただくしかないと思い接し続けました。そうすると、だんだんと心を開いて笑顔を見せて下さるようになり、先日のアンケートでは「信頼できる職員はいますか?」との問いに「川瀬さん、あなたの名前を書いておいて」と言われ、本当に努力が実を結んだ嬉しい瞬間でした。

プライベート - 旅行と孫! -

どんなに忙しくても、定期的に旅行には行きますね。その土地ならではの、見るもの、聞くもの、食べるものに刺激を受け、それが、また働く活力になっています。

あとは、孫の笑顔を見に行くのが本当に楽しみですね。少し会わないだけでも見違えるように成長する姿に、私も頑張らないと!と元気をもらっています。