寝屋川ケア
ケアマネジャー

塔本 眞弓

資格:介護支援専門員

専業主婦からケアマネジャーに。

入社のきっかけ

仕事経験もほとんどなく、専業主婦で子育てをしていましたが、何かできることがあるはずとH12年にヘルパー2級の資格を取りました。その後働きながらケアマネジャーの資格を取り挑戦してみようと思った時は、50歳を目前にしていました。経験や知識がない上に、年齢面での不安もありましたが、採用面接の時に「あなたの強さや優しさ、苦しみ、人生の経験をこちらで生かせてほしい」との言葉を頂き、お世話になろうと思いました。

業務内容とやりがい

ご利用者の方々が、それぞれ住み慣れた場所で生活を続けられるように、ご相談をお受けして、提案し一緒に考えていきます。その方の人生最期の数年に関わらせて頂く仕事です。この支援で良かったのかと、いつも自問自答しながら自身の力量不足に落ち込むことがありますが、ご利用者、ご家族との心のつながりが、仕事の支えになっています。

私たちと一緒に働きたい!と思ってくださったあなたへ

この会社には、新しいスタッフを育み、共に成長していける雰囲気が受け継がれています。安心してご自身の能力を存分に発揮して下さい。