ローズライフ京都生島
職種
機能訓練指導員
資格
作業療法士
入社のきっかけ
作業療法士になり、病院での勤務を経験した後、約4年間訪問リハビリ(在宅)に関わりました。住み慣れた環境で、いつまでもその方やそのご家族が望む生活を送るには、リハビリ職や看護職、介護職などの専門職が、その専門性を活かしつつ、つながりを持って支援していくことが不可欠だと感じていました。そんな中、多職種が連携してケアにあたり、ご入居者の望む暮らしの実現を目指しているローズライフを知り、ここで働きたいと思いました。
業務内容とやりがい
ご入居者の身体機能や動作能力を評価し、ホームで安全・安心・快適な生活が送れるように、環境調整や福祉用具の選定を行っています。その上で、ご入居者の状況に適した排せつや入浴などの生活動作の方法を、ケアスタッフに提案し、伝達しています。
 ある進行性の疾患を持つご入居者で、徐々に立ち上がりや移乗が難しくなり、介助量が増えてきた方がいらっしゃいました。ある時、臀部に床ずれ(褥瘡)ができているのが見つかったのです。すぐに、ケアスタッフと看護師と話し合い、「おむつではなく、1日1回は、座って排泄を行っていただこう」と排泄方法を変更して、ケアを行いました。その結果、以前のように痛みなく車いすに座っていただけるようになったのです、そのお姿を見て、チームケアの大切さとやりがいをあらためて感じました。
私たちと一緒に働きたい!と思ってくださったあなたへ
ローズライフは、ご入居者を主語として、スタッフ皆で考え、話し合いながらケアを行っています。そんな中で、私たちと一緒にセラピストとしてご入居者の可能性を広げていきませんか?