新入社員研修

入社して初めての研修です。
かんでんライフサポートの理念や、概要等スタッフの一員としての心構えを学びます。

◆1日目・2日目(本社にて座学)
かんでんライフサポートの経営理念や、ケアの考え方、スタッフの心得の講義から始まります。その後、「感染症対策」や、「事故時の対応方法」、「高齢者の身体の特徴とケア方法」といった具体的に現場で必要とされる知識を学んでいただきます。

◆実技研修1日目 基礎編(ローズライフ京都にて実習)
同期入社の方とペアになって、スタッフ役、ご利用者役と交代で行います。多くても5名程度の少人数制なので、参加者のペースに合わせて丁寧にお教えします。
姿勢の整え方、椅子からの立ち上がり方、おむつのつけ方など、自身も体感していただきながらの実習なので理解が深まります。

◆実技研修2日目 ノーリフト研修(ローズライフ京都にて実習)
実技研修1日目の内容を思い出しつつ、ノーリフトへの理解を深めます。こちらも、少人数制で、スタッフ役、ご利用者役と交代して行います。見て、体感して、実践して…を繰り返すので、理解が深まります。

 

上記までは共通で、その後、訪問介護・デイサービス・有料老人ホームと各事業に合わせた研修を行います。

例えば…ローズライフ京都では

◆ホーム基礎研修 (3日間)
より現場に密着した仕事の進め方を理解していただきます。座学と実技を組み合わせて、安全面に配慮した食事や排せつのケア、お風呂でのケアなどをお伝えします。

事業部会

かんでんライフサポート全員が集まる、月に一回の定例会です。
普段は別々の場所で働く仲間が集まり、成果や問題点を発表します。横の繋がり・スタッフの親睦を大切にする中で、重要な位置を占める会議です。

事業所会議

各事業所で月に1回行われる定例の会議です。
事業所の課題を洗い出し、情報共有をします。外部の研修を受けてきたスタッフがいれば、その伝達を行い、全体のレベルアップを図ります。ケアの事例を取り上げ、このサービス方法が良いのか、もっとこうすれば良いのではないかなど、皆で事例検討を行うこともあり、ケアの質のレベルアップにもつながっています。

スタッフ会議

各事業所で月に1回行われる定例の会議です。
普段は一人でサービスを提供しているヘルパーさん、看護師さんなどが集まり、日ごろの問題点や疑問点などを解決していきます。

サービス提供責任者会議

各事業所で、訪問介護のヘルパーさんをまとめるサービス責任者が集まる会議です。
ご利用者にどのようなサービスを提供すれば、より良い暮らしにつながるのか、ヘルパーさんが困っていることはないかなど、情報を共有し、解決策を検討します。

サービス提供責任者リーダー会議

各事業所のサービス責任者の代表が集まる会議です。
各事業を取り仕切る役割を果たす為に、今現在何が問題になっているのか把握し、問題解決の核となる会議です。

ケアマネ研修会

各事業所のケアマネジャーが集まる研修会です。
年々変化していく介護保険制度の中で、何を大切にしてマネジメントしていくのか、市町村によって対応の変わる事例についてはどのような対応をしていくのかなど、常にお客様の立場を一番に考えたプランをたてること、マネジメントしてくことを勉強します。

ケアマネリーダー会議

かんでんライフサポートの居宅介護支援事業所の中にある問題点などを話し合いの中より見つけ出し、よりよいサービスを提供できるよう課題を克服していきます。