センター長:梅原 亨

寝屋川デイサービスセンター センター長

梅原 亨(うめはら とおる)

2007年入社【新卒】
寝屋川デイサービス 勤務

人懐っこい笑顔と熱い想いで皆を巻き込む、寝屋川デイサービスセンターの若き長

入社のきっかけ ― 介護のイメージがガラッと変わった

もともと、介護の仕事を意識したのは、高校の時でした。同居していた祖母が大好きで、亡くなった時に何もできなかった自分に無力さを感じたんです。
人が歳を重ねても、元気でいてほしいという思いが心の中にあり、健康福祉学科に進みました。

かんでんライフサポートに入社した理由は、学生の時に当社に実習に来て、その時にもともと抱いていた介護のイメージがガラッと変わったからです。介護という仕事に対し、キツイ、しんどいというイメージがありましたが、実際やってみたら全然違いました。

働いてみてのやりがい ― 例えようのない興奮

写真:梅原センター長
私たちが大切にしている言葉に、「心が動けば身体が動く」という言葉があります。こうしたい、こうなりたいという目標があるから、人は頑張れるんです。

ご利用者の思いに寄り添い、ともに歩んでいくことで、ご利用者のできることが増えていく ― その瞬間に日々立ち会えることが、ものすごく嬉しい。

この興奮、伝わるかな(笑)

今までのキャリアパス ― アルバイトからセンター長へ

写真:デイお迎え
もともとは、実習で堂山公園デイサービスセンターに来て、アルバイトとして働きました。そして寝屋川デイサービスセンターに入社しました。

最初は、自分の思いを押し付けがちで、なかなかご利用者に受け入れていただけない時期もありました。ため息をつかれることもあって…、その時は少しつらかったですね。
周りの先輩にも支えられ、1年、2年と経験を重ねる中で、今から振り返れば少しずつ成長できたかなと思います。

医療的な知識も深め、当社の基本姿勢である「ご利用者を主語に考える」ことが身についてきて、しっかりとご利用者の話を聞けるようになって、仕事が楽しいと思えるようになりました。

写真:事務所の様子

後輩もでき、自分と同じような失敗をしないように、とフォローしていくうちに、入社6年目でリーダー、8年目で副センター長、10年目でセンター長になりました。

「ご利用者によりよいサービスを提供できるチームを作っていきたい」という思いを常に持ち続けていたところを、会社に認めてもらったのかなと思います。

寝屋川最大のデイサービスセンターを率いる長として

写真:朝礼風景
私は日々、職員が“気持ちよく”働ける環境づくりに徹しています。チーム全体の管理も必要ですが、それ以前に、職員一人ひとりを知ることが大切だと考えています。

職員の個性や能力を把握し、一人ひとりの職員が得意なことを表現できる環境を演出する。それがご利用者の満足度にも繋がり、職員も気持ちよく働くことができると考えています。

それに働くなら、職員のモチベーションが高く、一生懸命働ける環境の方が自分自身も気持ちいいですもんね。

写真:スタッフとコミュニケーション
写真:センター長笑顔
 

今後の目標 ― 関西で一番の会社に!

写真:梅原センター長

今後はかんでんライフサポートを関西で1番の会社にしたいと考えています。

なにをもって1番とするかの指標はたくさんありますが、私が目指すのは「関西で一番楽しい会社」です。

ご利用者を大切にすることは当然のこと。ご利用者との関わりを通して、職員が毎日“やりがい”を実感できて、自分の仕事に“誇り”を持って働ける“楽しい会社”を目指します。
「やりがいがなければ仕事じゃない」
「誇りを持てなければ仕事じゃない」
「楽しくなければ仕事じゃない」
と思います。

自分たちで、楽しく納得して働ける会社づくりをしたい!という思いにご賛同いただける方 大歓迎です(笑)

プライベート―家族でワクワク

休みの日は家族5人(妻と子ども3人)で1日たっぷりとあそぶことが私のリフレッシュ方法です。

近所の公園でボール遊びや砂遊びをしたり、少し足を伸ばしてキャンプに行って、星を眺めたり、森や川へ冒険に行ったり…。基本的には自然あそびやカラダを動かすことが大好きで、家族と一緒にドキドキ・ワクワクする瞬間を楽しんでいます。

最近はカメラを始めてみました。まだまだ初心者ですが、子供や妻の最高の笑顔を撮ってニマニマとしています。