介護職:札葉 理紗子

介護職

札葉 理紗子(ふだば りさこ)

2017年入社【新卒】
ローズライフ高の原 勤務

入社1年目、一歩ずつ、成長していく自分を感じながら。ゆっくり、焦らず、その方のペースでのケアを心がける。

介護職になったきっかけ-祖母が介護職をしていて

祖母をはじめ、叔母、いとこが介護職として働いていて、自然に話を聞く機会がありました。その中で、もちろん大変なこともあるけれど、人との関わりの中でやりがいを感じられる仕事だなと感じ、介護の道に進みました。「介護職になる」と言うと、皆応援してくれました。

かんでんライフサポートを選んだのは-介護の基本から学びたいという思い

写真:ローズライフ高の原スタッフ

始めて介護職としてスタートを切るにあたって、24時間生活を支える介護付有料老人ホームで基本から学びたいと思っていました。研修もしっかりしてそうで、勤務地も高の原駅前と言うことで自宅から近かったので、当社を選びました。

外観しか知らなかったので、中に入ってみると、「うわー、綺麗ー」と思ったのを覚えています。見学の時に、ローズライフ高の原にご入居の認知症の方と少しお話しさせてもらったのですが、とても優しく会話していただいたのが印象的でした。

最初に苦労したこと-ケアの技術

写真:ノーリフトケアの研修様子

ケアの技術は、やはり介護職員初任者研修や、入社時研修で習ったものの、実際にやってみると難しかったです。何度もケアに入り、家に帰って振り返ることで、徐々に身についてきました。

お一人お一人の「その方らしさ」を、先輩に教えてもらったので、ご入居者のお名前はすぐに覚えられました。今から振り返ると、半年くらいで慣れてきたかなと思います。

今は、介護する側の都合ではなく、ご入居者のペースに合わせて、あせらず丁寧にケアをすることを心がけています。

初めての夜勤-ドキドキの夜

写真:ローズとスタッフ

入社3か月後に、初めて1人で夜勤に入りました。それまでに、2、3回、先輩と一緒に夜勤をしたのですが、やはり初めての日は不安でした。

コールが鳴るとやはり焦ったりはしましたが、先輩に教えてもらったことを思い出しながら、何とか流れはできたかなと思います。今は一人で大丈夫です。

このローズライフ高の原を含め、かんでんライフサポートの有料老人ホームは、24時間看護スタッフがいてくれるので、安心感があります。ちょっとしたことでも、相談できるし、ご利用者の体調の変化も見に来てくれるので本当に心強いです。

職場の雰囲気-あったかい家族みたい

皆さん、相談しやすくて、困ったことがあってもみんなで解決しようという雰囲気があります。おかげで仕事がしやすいです。私が、ローズライフ高の原で一番年下なので、ベテランの先輩はお母さんみたいです。もともと、人見知りの私ですが、すっと溶け込むことができました。

今後の目標-まずは介護福祉士の取得を

写真:ローズライフ高の原スタッフ

今は、ご入居者とお話しするのがとても楽しいです。優しくて、ご入居者からも頼ってもらえる存在になりたいです。直近の目標は、実務経験を積んで、介護福祉士を取ることですね。

もう少し長期的には、介護福祉専門学校の講師になって、介護という仕事の素晴らしさを伝えていきたいという思いも持っています。

プライベート-料理でリフレッシュ!

写真:パスタ

休みの日は、料理をしていることが多いですね。どちらかと言うと洋食系が得意で、パスタやハンバーグを良く作ります。お弁当に詰めて、友人とピクニックに行くこともあります。お菓子も好きで、中でもチーズケーキが大好物、良く作りますね。

え?のんびりゴロゴロしている日も、もちろんありますけど・・・(笑