介護のことは少し気になるけれど、制度が難しそうで良くわからない…良くお聞きするお声です。

そのお声に応えるべく、11/6(月)ローズライフ高の原にて、肩肘はらず楽しく学べる!をコンセプトに、地域の皆さま向けの介護相談会(笑いあり!)を開きました。

近鉄「高の原」駅前の、好立地にあるローズライフ高の原ですので、建物の中はどうなっているのだろうと興味をもっていただいた方もいらっしゃったようで、計11名の方にご参加いただきました。

↑ローズライフ高の原副館長 兼 高の原訪問介護事業所の所長から冒頭挨拶

 

まずは、ローズライフ高の原の中をご見学いただき、華やかで充実した設備に興味を持ってご覧いただきました。
次に、当社ケアマネジャーによる介護保険概要のお話。

その後、より理解を深めていただくために、介護認定を受けてサービスを受けるまでの流れを、寸劇にてご覧いただきました。

一人暮らしの茂おじいさん、歳を重ねるごとに身の回りのことを、自分でするのがしんどくなってきました。その様子を知った一人娘は心配するものの、東京在住…。さて、どうする!?というところから物語は始まります。

↑寸劇スタート!        ↑訪問介護サービス        ↑ 大団円!?
介護保険を受けるための     自立した生活を送れるよう
認定調査            サポート。

ケアマネジャーに相談し、実際に介護認定を受けるために、認定調査員が家庭に訪問。
茂おじいさんの心身の状態を、聞き取りにより把握します。

その後、介護認定がおり、訪問介護サービスの力を借りて、茂おじいさんが生活を続けていく様子までをご覧いただきました。

ご参加いただいた地域の皆さまには、分かりやすかったとのお声をいただきました。

これからも当社は地域の皆さまのお役に立つような、介護に関わる情報発信を続けていきたいと思います。